トップページへ戻る
交通遺児育英資金の給付
交通事故により生計中心者が死亡又は障がいのため、所得を失い又は著しく減少に至り、小学校・中学校・高等学校の課程を履修するのに学資困難と認められた者に対し交通遺児育英資金を給付します。
☆給付額(月額)
  ・小学校在学   3,000円
  ・中学校在学   4,000円
  ・高等学校在学 5,000円


生活福祉資金貸付制度
「生活福祉資金貸付制度」とは、
 生活に不安を抱えた低所得、障がい者及び高齢者世帯の方々に、資金の貸付けと合わせて必要な相談支援を行うことで、その経済的自立や生活意欲の向上を図り、また在宅福祉及び社会参加を促進し、もって安定した生活を送れるようにすることを目的とした貸付制度です。 
 
    
【総合支援資金】
●貸付内容
失業等、日常生活全般に困難を抱えており、生活の立直しのために継続的な相談支援(就労支援、家計指導等)と生活費及び一時的な資金を必要とし、貸付けにより自立が見込まれる世帯に貸し付ける資金です。


●主な貸付条件
資金種類 貸付
限度額
貸付
期間
据置
期間
償還
期間
貸付
利子
連帯
保証人
生活支援費 生活再建までの間に必要な生活費用 月20万円
以内
(単身)
月15万円
以内
12月以内 (最終)
貸付日
から
6月以内
20年
以内
(連帯保証人)

あり
無利子
なし
年1.5%
原則必要  
住宅入居費 敷金、礼金等住宅の賃貸借契約を結ぶために必要な費用 40万円以内  -
一時生活再建費 生活再建のために一時的に必要となり日常生活費で賄えない費用 60万円以内

【福祉資金】

●貸付内容
低所得世帯、障がい者世帯又は高齢者世帯に対して、日常生活を送る上で、又は自立生活に資する為に、一時的に必要であると見込まれる費用を貸し付ける資金です。

●主な貸付条件
資金種類 貸付
限度額
据置
期間
償還
期間
貸付
利子
連帯
保証人
備考
生業費 生業を営む為に必要な経費 (460万円) (最終)
貸付日から6月以内
(20年) (連帯保証人)
あり
無利子
なし
年1.5%
原則必要
( )内は目安

※1
技能習得期間が
1年程度
(220万円)
2年程度
(400万円)
3年以内
(580万円)

※2
療養期間等が1
年を超え1年6
月以内で、世帯
の自立に必要な
ときは230万円
             
技能習得費 技能習得に必要な経費 (130万円)
※1
(8年)
住宅費 住宅の増改築、補修及び公営住宅の譲受けに必要な経費 (250万円) (7年)
福祉用具購入費 福祉用具等の購入に必要な経費 (170万円) (8年)
障がい者
自動車購入費
障がい者用自動車の購入に必要な経費 (250万円) (8年)
中国残留邦人等
国民年金保険料
追納費
中国残留邦人に係る国民健康保険の追納に必要な経費 (513.6万円) (10年)
療養費 負傷又は疾病の療養に必要な経費 (170万円)
※2
(5年)
介護等費 介護サービス、障がい者サービス等を受けるのに必要な経費
災害援護費 災害を受けたことにより臨時に必要となる経費 (150万円) (7年)
冠婚葬祭費
転宅費
給排水設備等費支度費
その他の資金
冠婚葬祭に必要な経費 (50万円) (3年)
住居の移転等給排水設備等の設置に必要な費用
就職、技能習得に必要な経費
その他日常生活上一時的に必要な経費

【緊急小口資金】

●貸付内容
低所得者に対し、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に小額の費用を貸し付ける資金です。

●主な貸付条件
貸付限度額 据置期間 償還期間 貸付利子 連帯保証人
10万円以内 (最終)貸付日から2月以内 8月以内 無利子 不要


【教育支援資金】
●貸付内容
低所得世帯に対して次に掲げる費用として貸し付ける資金です。

●主な貸付条件
資金種類 貸付限度額 据置期間 償還期間 貸付利子 連帯保証人 備考
教育支援費 (高校)
月3.5万円以内
(高専・短大)
月6.0万円以内
(大学)
月6.5万円以内
卒業後
6月以内
20年以内 無利子 原則不要
※1
※1
連帯借受人が
必要
 
就学支度費 50万円以内

【不動産担保型生活資金】

●貸付内容
高齢者世帯に対し、毎月の生活費をお貸しし、契約終了時にそれまでお貸しした元金とそれに伴う貸付利子を一括で償還いただくという資金です。
●主な貸付条件
資金種類 貸付限度額 据置期間 償還期間 貸付利子 連帯保証人
不動産担保型
生活資金
・土地の評価額の7割程度
・月30万円以内
契約
終了後
3月以内
据置期間
終了時
年3.0%
以下
必要
要保護世帯向け
不動産担保型
生活資金
・居住用不動産の評価額の
 7割(集合住宅は5割)
 程度
・月額は貸付基本額の範囲内
不要

【臨時特例つなぎ資金】

●貸付内容
住居のない離職者に対して、離職者を支援する公的給付又は公的貸付開始までの当面の生活費として貸し付ける資金です。
●主な貸付条件
資金種類 貸付限度額 据置期間 償還期間 貸付利子 連帯保証人
臨時特例 つなぎ資金 10万円以内 なし 原則一括償還 無利子 不要

問い合わせ
これらのサービスに関することは、
地域の民生委員・児童委員さん又は、館林市I社会福祉協議会 地域福祉課 地域係まで(要予約)
〒374-0043
住所:館林市苗木町2452-1
電話:0276-75-7111
FAX :0276-75-8111
E-mail: tshakyo7@honey.ocn.ne.jp